マイルを貯めてお得に旅行へ

結婚前からもう10年以上、JALカードを利用しています。とにかく旅行が好きで、3日お休みがあれば旅行先を考え始める程だったので、日々の買い物でマイルが貯まるJALカードは私の生活にぴったりでした。ゴールドやプラチナなど種類はいろいろあるようですが、最もスタンダードなカードを利用していて、年会費は2200円、家族カードは1100円です。それだと、200円の買い物で1マイル貯まりますが、結婚後、家賃や光熱費などでカードの利用額が大きくなったので、ショッピングマイルプレミアムという、100円で1マイル貯まるサービスを追加しています。そのサービスに年3300円かかるので、年会費が安くポイントが1%貯まるカードがあれば、単純計算でそちらの方が得かもしれないと思いつつ、マイルでの旅行が魅力的で、今のところそのままJALカードを利用していくつもりです。日々の買い物や例えば給油なども、マイルがさらに貯まる特約店を利用するなど、自分なりにもっと工夫すれば、よりお得になるのだと思います。最近は、子どもも小さくて気軽に飛行機で旅行できる状況ではないので、AEONで使えるWAONポイントに変えたり、Amazonギフト券に替えて、普段の買い物に利用しています。

楽天payは、お得なキャンペーンが多い

以前からキャッシュレス決済を利用していました。クレジットカードを主に使用していましたが、最近はコード決済を使うことが多いです。個人的にはコード決済の方が気に入っています。大きな理由の一つが、キャンペーンが多いことです。私は楽天ペイを利用していますが、ポイントが効果的に貯まるキャンペーンが頻繁に開催されています。コンビニで決済したらポイント還元されたり、特定のお店で利用したらキャッシュバックという感じです。クレジットカードでもポイント還元を行っているところは多いです。しかし、コード決済の方が還元率が高いですね。そのため、コード決済を利用した方がお得に感じました。いつの間にかポイントって貯まっているものなので、それで買い物ができるってことも大きいですね。特に楽天ペイで貯めた楽天ポイントは、ショッピングやサービスなど多くの場所で利用することができます。私の生活圏内では楽天ポイントを利用できる場所が多いので、楽天ポイントを貯められる楽天ペイは最高のサービスだと思いました。楽天カードも私は持っているので、楽天ペイを使うのは必然なんですけどね。コード決済に対応していない場所では、楽天カードを使うという感じです。そんな感じで楽天ポイントが貯まりやすいので、他の人にもおすすめしたい決済方法です。

使いやすいが、拡張性に欠ける感じのメルペイ

普段メルカリを使用しているのですが、身の回りの物品を売った売上金が溜まっていて、別途チャージがいらないためメルペイを使っています。ペイ払いが始まった当初はコンビニでの支払いで多少店員が戸惑っていたこともありましたが、最近ではどのコンビニでもスムーズに使うことが出来てきたと実感しています。特に使いづらさは感じていません。銀行口座から簡単にチャージをすることもできますが、メルカリの売上金があるのでまだチャージをしてことはありません。自腹を切る感じがしないので、この点は様々あるペイ払いの中でも有利になる点だと思います。また、後払いといった支払方法もありますが、最初は1万円の枠があったにもかかわらず、あまり後払いを使用していなかったせいか、今は1000円の枠しかなくなりました。どうやらメルペイの使い方によってこの限度額が変わるようです。正直いって、1000円の枠ではあまり使えないと思っています。クレジットカードでは200万円の与信枠があるのに、メルペイでは1000円しか与信枠がないというのは、納得ができません。この点はメルペイのマイナスポイントと思っています。クレジットカードと比較すると、暗証番号の入力やサインが不要といった面はペイ払いの方が簡単だと思います。ただ、高額な商品(1万円以上)の支払いをする場合はクレジットカードの方がいいのかと感覚的に思ってしまいます。ペイ払いが始まった当初はみんな同じくらいの位置付けだと思っていましたが、最近はペイペイが様々なキャンペーンや、ソフトバンクグループの強みが出てきて、頭一つ出てきたのではないかと思っています。ポイントの還元についてもメルペイはあまり恩恵を受けている感じがしないため、メインのペイ払いはペイペイに切り替えようかと検討しています。ただ、スマホ一つで財布が不要になること自体はやや不安があるので、ちょっとしたコンビニなどの買い物や飲食店の支払いはペイ払いと現金払いの併用で、大型品や高額商品はクレジットカードを使っていきたいと思っています。

使える場所が多いpaypay。おばさんでも使いやすい!

私は50代後半の主婦で、スマホの操作はまだまだ得意とは言えない機械音痴ではありますが、キャッシュレス時代になんとかついていくためにコード決済も4種類使っています。その中でも一番使いやすいのがpaypayです。その一番のポイントが、使える場所が多いということです。他のコード決済はコンビニくらいでしか使えなかったりして、使う場所が限られることによって、使う機会がほとんどない状態でした。普段行く近所のお店とか、日常の買い物をするスーパーで使えたらいいのにと考えていた時に登場したのがpaypayでした。paypayアプリをダウンロードしてまず感心したのが、使えるお店がマップ表示されることです。近所の個人商店でも使えることがわかると、早速チャージして買い物に行きました。他のコード決済でも、最近はその機能があるようですが、paypayは便利機能やキャンペーンのインパクトなどが一番良かったのではないかと思っています。イオンとコラボでキャンペーンをした時は、イオンでたくさん買い物をして、たくさん還元を受けてお得でした。クレジットチャージだと、特定のヤフーカード以外では特典が受けにくいようなので、銀行チャージをして使用しています。チャージもとても簡単で、レジ待ちの間にサッとできるのも気に入っています。スーパーでも使えるコード決済は、私の住むあたりではpaypayだけなので、一番便利に使用しています。コード決済が使えないお店ではクレジットカードを利用したり、nanacoやWAONの電子マネーも、キャンペーンをしている時限定で使っていますが、スマホ操作が遅いおばさんには、正直言うと、カードを店員さんに渡せば済むとか、カードをかざすだけの方が、簡単に感じています。時代についていくために頑張っていますが、スマホによるコード決済で一番気に入っているのはやはりpaypayです。支払い完了した時に、たまにpaypay残高が当たるのも、とても楽しいです。

Line PAYは、新規アプリの導入が不要で便利

今年の2月ぐらいからLine Payをはじめ複数のコード決済を利用しています。もともと使うつもりもなく、現金決済主義でしたが、各社が様々なキャンペーンを展開する中でキャンペーン分だけでも使おうと思い始めました。結果、Line Payを愛用しています。良いと感じている点はいくつかありますが、その最大の利点が追加のツールが不要な点です。LineにPayの機能の内包されています。そのためいざ始めよう!と思った際に壁が無く、すぐに利用することが可能です。ほかのPay Payであったり、Origami Payであれば準備が必要となりますが、その点非常に楽です。次にLineではPay以外にもポイント機能がありますが、このポイントをPayとして利用することも可能です。そしてポイントは動画を見たり、アプリを入れたり、はたまはショッピングサイトを利用する際に経由させることでポイントを貯めることが可能です。場合にもよりますが、月1000円ぐらいのポイントをためることも可能です。なお履歴が残るというのもよいポイントです。現金であればいつ何を使ったか?を失念してしまいますが、コード決済であればいつ・どこで・いくら使ったが一目です。これらから総じて便利かと思います。