使いやすいが、拡張性に欠ける感じのメルペイ

普段メルカリを使用しているのですが、身の回りの物品を売った売上金が溜まっていて、別途チャージがいらないためメルペイを使っています。ペイ払いが始まった当初はコンビニでの支払いで多少店員が戸惑っていたこともありましたが、最近ではどのコンビニでもスムーズに使うことが出来てきたと実感しています。特に使いづらさは感じていません。銀行口座から簡単にチャージをすることもできますが、メルカリの売上金があるのでまだチャージをしてことはありません。自腹を切る感じがしないので、この点は様々あるペイ払いの中でも有利になる点だと思います。また、後払いといった支払方法もありますが、最初は1万円の枠があったにもかかわらず、あまり後払いを使用していなかったせいか、今は1000円の枠しかなくなりました。どうやらメルペイの使い方によってこの限度額が変わるようです。正直いって、1000円の枠ではあまり使えないと思っています。クレジットカードでは200万円の与信枠があるのに、メルペイでは1000円しか与信枠がないというのは、納得ができません。この点はメルペイのマイナスポイントと思っています。クレジットカードと比較すると、暗証番号の入力やサインが不要といった面はペイ払いの方が簡単だと思います。ただ、高額な商品(1万円以上)の支払いをする場合はクレジットカードの方がいいのかと感覚的に思ってしまいます。ペイ払いが始まった当初はみんな同じくらいの位置付けだと思っていましたが、最近はペイペイが様々なキャンペーンや、ソフトバンクグループの強みが出てきて、頭一つ出てきたのではないかと思っています。ポイントの還元についてもメルペイはあまり恩恵を受けている感じがしないため、メインのペイ払いはペイペイに切り替えようかと検討しています。ただ、スマホ一つで財布が不要になること自体はやや不安があるので、ちょっとしたコンビニなどの買い物や飲食店の支払いはペイ払いと現金払いの併用で、大型品や高額商品はクレジットカードを使っていきたいと思っています。