じゃらん利用時には絶対おすすめのリクルートカード

リクルートカードを使用しています。リクルートカードのメリットは1.2%のポイント還元率にあります。現在公共料金も含めて買い物もほとんどリクルートカードを使うと月に10万円ほどの利用になるのですが、そうすると1200ポイントになります。1年では約15000ポイントくらいになるので、そのポイントを年に1回の夫婦での温泉旅行の足しにしています。さらにリクルートカードはじゃらんの決済に使うと、ポイント還元率が3.2%にアップするのでさらにポイントが加速してたまっていくのもまた楽しみの1つになっています。
だいたい2人で4万円くらいの温泉宿に泊まっていますが、ポイントで15000円引かれるので、カード支払いは25000円くらいになります。その25000円には3.2%のポイントがつくので約800ポイントくらいが貯まることになります。それがまた次回の旅行に使えると思うと、とてもお得感を感じます。またじゃらんでは場合によっては「ポイント10%還元プラン」などもあり、さらにお得になるので、そのプランの中から宿を選ぶこともあり、夫婦の年1の楽しみに非常に役立ちます。
年会費も無料なので、とても使い勝手のよいカードで旅行好きな方には特におすすめです。

持っててよかった!アメックスカード

某ショッピングセンターの勧誘で、なんとなくアメックスカードを作りました。
他のクレジットカードも持っていたので、時々ショッピングに使う程度でしたが、今年の2月にニューヨークに1週間程度一人旅をした際に、「本当に持っててよかった!」と思った場面がいくつもありました。
・お買い物に便利
まず何と言ってもほとんどのお店でアメックスが使えたのでお買い物にはとても便利でした。現金をたくさん持ち歩くのも怖いし、紙幣と硬貨を覚えるのも面倒だし、コンパクトなカバンで出歩けるのもとても便利でした。
・空港のラウンジが使える
久々の海外旅行で不安だったので余裕を持って家を出発しました。オフシーズンではありましたが、混雑する空港の中でラウンジを使い長旅の前にゆっくり時間を過ごすことができたのはとてもよかったです。
・海外の保険になる
何よりも一番持っていてよかった、と思ったことです。
予約していた飛行機がまさかの機械トラブルで飛ばなくなったのですが、保険を使うことでお金の補填ができました、今回の旅で一番持っていてよかった・・・・!と本当に思いました!!

上記以外にも、海外旅行損害保険になったり提携するホテルではサービスが受けられてりメリットがたくさんあります。海外旅行の旅に格安の保険に入るのもいいですが、保険証券を持ちあるいたり手間を考えると1枚アメックスカードを持っているのを本当にお勧めします!

初めて作ったクレジットカードは、VISA道銀キャッシュ・クレジットカード

学校を卒業して新卒として働き始めてから少しした頃に初めてクレジットカードを銀行で作りました。それまではコンビニなどでお金を下ろしたり時間外に下ろしたりと手数料がかかることを全く気にしないでお金を口座から下ろしていました。それを母が見つけ、こんなに手数料ばっかり取られて勿体ないと私に注意をしたことで、調べた結果、北海道銀行のサービスでクレジットカードを作ると時間外手数料が次の月に戻ってくるということで作ることにしました。年会費は2年目からかかるのですが一定以上の利用をしている人は無料になります。ポイントも毎月付与され、そのポイントで商品やサービスと交換が出来ます。私は毎回、映画のペアチケットを交換し、妻とそのチケットで見に行っています。チケットを出すだけでお金は払わないので少し特別な気分になれます。クレジットカードは度々使う機会があります。高い買い物をする時には分割払いも選べますので便利です。自動車保険の保険料も分割で払っています。一括で払うのは負担となりますが分割だと支払いにゆとりが出来ますので大変便利です。
妻への誕生日プレゼントや、クリスマスプレゼント、旅行の代金など、比較的金額が高くなる支払いに私はクレジットカードを使っています。

年会費無料で便利なYAHOOカード

ネットでの買い物が多く支払いが面倒だと思った時に何か一枚クレジットカードが欲しいと思いました。年会費はかけたくないというのが私の中では一番重要視しており、手軽に作れるカードを探していたところYAHOOカードが手軽に作れるという口コミを拝見して申し込みをしました。審査も無事に通り、手元にカードが届いたときにまずネット関係の支払いをすべてこのYAHOOカードに集約したいと思い、支払いをまとめました。年会費無料というところを重要視しておりましたが、様々な特典があり買い物するとポイントも付与されるので、知らない間にポイントが貯まっていたときは嬉しい感じになりもっとポイントを貯めようと思う気持ちななります。貯まったポイントも買い物の際に利用することができるので、ちょっとした買い物をするときにすごく便利だと思いました。ほとんどがネットでの買い物に利用していましたが、最近ではコンビニやスーパーでの電子マネー決済をする際にクレジットカードからチャージすることも増えてきました。現金で支払いが基本だったのですが、カードを持つことによって前よりも現金を持ち歩く機会が減って、財布の中を気にしなくて済むし、身軽な感じで出かけられるようになりました。

三井ショッピングパークカードでお得で便利なお買い物生活

私の家の近くにららぽーとがあり、以前からよく利用していました。社会人になり、そろそろクレジットカードを作ろうかなと思っていたところ、ららぽーと内のカードデスクで今ならカード作成で3000ポイントプレゼントキャンペーンをやっていたので作ることにしました。こちらのカードは年会費永久無料。カードの利用でたまるポイントは2種類あり、永久不滅ポイントと三井ショッピングパークポイントです。ショッピングポイントはクレジット機能のついていないカードですと、通常は100円で1ポイントですが、クレジットカード機能つきだとなんと100円で2ポイントです。さらに、永久不滅ポイントはショッピングポイントにも変換できるので、実質100円で2.5ポイントもつくことになります。私は日常の買い物はほとんどららぽーとでしているので知らないうちにこのポイントがどんどんたまっています。なので年に何回かはこのポイントを使って、実質無料でららぽーとのレストランで食事をしたり、ちょっとしたスイーツを堪能したりしています。さらにこのカードはポイントの還元率がいいだけでなく、ららぽーと内のカフェやレストランでお得なサービスが受けられることもあります。例えば平日のランチでこのカードを提示するだけでドリンクが1杯無料でついたりします。このお得なサービスはどこでもあるわけではないみたいですが、たまにあるととても得した気分になります。三井ショッピングパークカードは作っておいて損はないカードだと思います。

誰でも簡単!クレジットカードを即日発行する方法

即日発行できるクレジットカードの種類

即日発行できるクレジットカードには種類がたくさんあります。もっとも有名なのは日本のどこでも作れるACマスターカードです。その他にもセゾンカードインターナショナル、セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード、エポスカードなど30種類近くもカードはあります。

即日発行のメリット

通常のクレジットカードは発行まで2週間程度の時間が掛かりますのですぐに使いたかったりする時に間に合いません。しかしクレジットカードの即日発行は即使えるので時間短縮の面で大きなメリットがあります。クレジットカードの特典も利用することができます。

申し込みから受取までの流れ

インターネットでの申し込みが簡単です。発行するカード選択、店舗で提示する本人確認書類の選択、受取店舗等を選択します。基本的には入力ファームに従って書いていってください。
申し込んだ店舗で発行の手続きをします。本人確認が必須となっているので必要書類を持参しましょう。必要書類は下記にまとめています。手続き終了後にクレジットカードを受け取れます。

審査に掛かる時間

審査は最短で30分ほどで終わります。長くても1時間~3時間ほどで完了して登録したメールアドレスに連絡が来ます。
「提出書類」 本人確認書類(運転免許証や保険証)が必要になります。次に引き落とし口座に登録する銀行印銀行のキャッシュカードや通帳を用意しましょう、ここから引き落とされます。また、未成年の場合は保護者の同意・承諾書が必要なので必ず準備してください。

クレジットのポイント貯めてお得に買い物

わたしがクレジットカードを持ったのは、結婚してからでした。それまでは現金のみで、そのことに特に不満も不自由も感じてはいませんでした。そんなわたしがクレジットの良さを痛感した時は、子供を産んでからです。赤ちゃんを抱っこしながらだと、カバンから財布を出すのも一苦労です。その中から現金を出して、お釣りをもらって、財布を直して。また、小銭を出すのが大変なので、お札を出していましたが、そうするとすぐに財布の中はすぐに小銭でいっぱいになってしまいます。そんないつもしていた当たり前の行動が、赤ちゃんがいるだけで、こんなにも大変なのかと痛感しました。しかしクレジットカードがあると、支払いの時にカード一枚で済みます。小銭もお釣りもありません。しかもイオンカードセレクトは、ただカードを提示するだけでイオンで買い物をするとお得に買える日もありますし、ポイントもついてきます。いつもの買い物でポイントもついてくるのはお得に感じました。さらにクレジット払いで買い物をすると、割引パスポートをはがきで送られてきます。これは子供用品だけでなく、文房具、洋服、ランドセルなど、いろんなものをお得に買い物することができるので、本当に良いと思います。貯めたポイントも、WAONに変えることができるので、使い方も簡単で、お勧めの一枚です。

マイルを貯めてお得に旅行へ

結婚前からもう10年以上、JALカードを利用しています。とにかく旅行が好きで、3日お休みがあれば旅行先を考え始める程だったので、日々の買い物でマイルが貯まるJALカードは私の生活にぴったりでした。ゴールドやプラチナなど種類はいろいろあるようですが、最もスタンダードなカードを利用していて、年会費は2200円、家族カードは1100円です。それだと、200円の買い物で1マイル貯まりますが、結婚後、家賃や光熱費などでカードの利用額が大きくなったので、ショッピングマイルプレミアムという、100円で1マイル貯まるサービスを追加しています。そのサービスに年3300円かかるので、年会費が安くポイントが1%貯まるカードがあれば、単純計算でそちらの方が得かもしれないと思いつつ、マイルでの旅行が魅力的で、今のところそのままJALカードを利用していくつもりです。日々の買い物や例えば給油なども、マイルがさらに貯まる特約店を利用するなど、自分なりにもっと工夫すれば、よりお得になるのだと思います。最近は、子どもも小さくて気軽に飛行機で旅行できる状況ではないので、AEONで使えるWAONポイントに変えたり、Amazonギフト券に替えて、普段の買い物に利用しています。

楽天payは、お得なキャンペーンが多い

以前からキャッシュレス決済を利用していました。クレジットカードを主に使用していましたが、最近はコード決済を使うことが多いです。個人的にはコード決済の方が気に入っています。大きな理由の一つが、キャンペーンが多いことです。私は楽天ペイを利用していますが、ポイントが効果的に貯まるキャンペーンが頻繁に開催されています。コンビニで決済したらポイント還元されたり、特定のお店で利用したらキャッシュバックという感じです。クレジットカードでもポイント還元を行っているところは多いです。しかし、コード決済の方が還元率が高いですね。そのため、コード決済を利用した方がお得に感じました。いつの間にかポイントって貯まっているものなので、それで買い物ができるってことも大きいですね。特に楽天ペイで貯めた楽天ポイントは、ショッピングやサービスなど多くの場所で利用することができます。私の生活圏内では楽天ポイントを利用できる場所が多いので、楽天ポイントを貯められる楽天ペイは最高のサービスだと思いました。楽天カードも私は持っているので、楽天ペイを使うのは必然なんですけどね。コード決済に対応していない場所では、楽天カードを使うという感じです。そんな感じで楽天ポイントが貯まりやすいので、他の人にもおすすめしたい決済方法です。

使いやすいが、拡張性に欠ける感じのメルペイ

普段メルカリを使用しているのですが、身の回りの物品を売った売上金が溜まっていて、別途チャージがいらないためメルペイを使っています。ペイ払いが始まった当初はコンビニでの支払いで多少店員が戸惑っていたこともありましたが、最近ではどのコンビニでもスムーズに使うことが出来てきたと実感しています。特に使いづらさは感じていません。銀行口座から簡単にチャージをすることもできますが、メルカリの売上金があるのでまだチャージをしてことはありません。自腹を切る感じがしないので、この点は様々あるペイ払いの中でも有利になる点だと思います。また、後払いといった支払方法もありますが、最初は1万円の枠があったにもかかわらず、あまり後払いを使用していなかったせいか、今は1000円の枠しかなくなりました。どうやらメルペイの使い方によってこの限度額が変わるようです。正直いって、1000円の枠ではあまり使えないと思っています。クレジットカードでは200万円の与信枠があるのに、メルペイでは1000円しか与信枠がないというのは、納得ができません。この点はメルペイのマイナスポイントと思っています。クレジットカードと比較すると、暗証番号の入力やサインが不要といった面はペイ払いの方が簡単だと思います。ただ、高額な商品(1万円以上)の支払いをする場合はクレジットカードの方がいいのかと感覚的に思ってしまいます。ペイ払いが始まった当初はみんな同じくらいの位置付けだと思っていましたが、最近はペイペイが様々なキャンペーンや、ソフトバンクグループの強みが出てきて、頭一つ出てきたのではないかと思っています。ポイントの還元についてもメルペイはあまり恩恵を受けている感じがしないため、メインのペイ払いはペイペイに切り替えようかと検討しています。ただ、スマホ一つで財布が不要になること自体はやや不安があるので、ちょっとしたコンビニなどの買い物や飲食店の支払いはペイ払いと現金払いの併用で、大型品や高額商品はクレジットカードを使っていきたいと思っています。